ISOは広く世間に浸透してきました。 主なISO規格の認証件数は以下の通りです。

 ISO9001(品質マネジメントシステム=QMS)は50,089件

 ISO14001(環境マネジメントシステム=EMS)は26,196件

 ISO27001(情報セキュリティマネジメントシステム=ISMS)は4,160件

 

 それぞれに特徴があります。

 ISO9001は認証件数の約1/4は建設会社です。かつて、”公共工事の入札要件化”という話があり、一気に認証件数が増えました。2001年~2002年頃だったと記憶しています。

 ISO27001は(記憶を頼りにすれば)約半数がIT系企業です。ソフトウェア開発の公共案件への入札、大手企業との取引ではISO27001またはプライバシーマークが必須とされてきました。

 最近は新たに認証する企業も少なくなりました。理由はいくつかありますが、一番大きな理由は費用がかかること。中でも大きいのはコンサルティング費用と審査費用です。

 S&A JAPAN株式会社は日本再生のためには中小企業が元気を取り戻すことが重要であり、それを支援したいと考えています。

 だから、中小企業でもISOの認証の取り組めるよう、廉価にコンサルティングサービスを提供します。